Preview Entry | Next Entry

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

『ころころろ』畠中恵

やっぱり買ってしまう、若旦那シリーズ。
いいねー、妖の手代がいるって頼もしいね。
んー、でも、やっぱりうっとうしいか。

でも、今回はなんだか若旦那が恋をしちゃったのかって、
読みながらもちょっとそわそわ。
うまくいってほしいような、でも、まだまだ頼りない若旦那でいてほしいような。

毎年このシリーズが文庫で出るのが楽しみです。
単行本では買わないで我慢するってのが、なかなか辛い。
でも、文庫の形がいいんだなー。収納的にも。
ま、寝転んで寝る前に読みたいから文庫じゃないと手がしんどいってだけだから、
小説じゃなけりゃ単行本でも欲しい。

ずいぶん前に『しゃばけ』がドラマ化されてたけど、面白かったです。
ちょっと現実離れしてるからさ、ほら、妖が出てくるし。
若旦那役、手代たちの役もイメージを崩さない感じでよかった。

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND

旅をする木 (文春文庫) / 星野 道夫

チリとチリリゆきのひのおはなし / どい かや

花時間 2007年 10月号 [雑誌] /
LINKS
OTHER
SEARCH
SPONSORED LINKS